退職証明書を退職者から請求されたのなら

必ず遅延することなくただちに発行しなければいけないと労働基準法で定められています。請求された場合には速やかに書きましょう。ただ、書きなれていない書類などはどのように書けばいいのか悩んでしまいますよね。

退職の証明書

退職の証明書は請求してきた人によって記載する内容が変わる可能性のある書類です。請求された場合には労働基準法に基づき発行します。このような順番で書かなければいけないなど、書き方や書式の規則はありません
この証明書には印鑑を使用する場所があります。
退職の証明書に使用する印鑑はどのような印鑑を使用するか知っています?
会社関係の書類であるから実印などの印鑑を押すと思っている人もいるかも知れませんね。それほど重要な印鑑を押す必要はありません。公的な文書の場合ではなく実印を押します。
しかし、退職の証明書は退職者の私的な文書になるので、角印や捨印などで構いません。会社側の都合によって退職するから実印、退職者の都合によって退職するので角印と言うこともありません。どのような理由にせよ印鑑は角印で大丈夫です。

 

退職の書類を作成するときには角印を準備してから取りかかりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>