領収書に使用する印鑑は角印?

領収書にはどのような印鑑を使用すればいいのでしょうか?会社用の印鑑って、大きく分けると「丸印」と「角印」に分けられます。角印は社名しか入っていないので、わりと軽い書面に捺印される会社の印鑑で、丸印には役職名が記載されている事が多く、責任の所在を明らかにしている分、より重要な書面に捺印される、という使い分けがされています。

会社の実印は、代表取締役が代表権を行使するときに使用し、法務局へ登録し、法務局が印鑑証明書を発行してくれます。会社にとって、最も重要な印鑑です。扱いもより慎重に行う必要があります。会社の実印であっても取り扱える人や保管場所を知っている人は限定されているべきなのです。
角印は、実印や銀行印ほど重要な印鑑ではありません。認め印に近い感覚で使われるのです。見積書・請求書・領収書など、日常業務上、対外的に発行する書類を正式なものとして認めた証に押印するものです。通常は、請求書には、角印を押します。

 

実印は法務局に印鑑登録されているものですから、むやみやたらと書類に押すべきではありません。偽造される恐れも考えながら使う必要があるのです。日頃目にする領収書なんかには、角印が押してあるはずです。角印の中を読んでみると、会社名が書かれているものが普通です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>