角印は必要な印鑑なのか?

会社実印や銀行印が要求されないような、日常的な書類に押印するために使用する印鑑が角印です。株券や請求書、納品書、領収書などに押印されることが多いです。

印鑑を使い分ける必要はないのではないかと考えている人もいるようですが、印鑑を使い分けることで、管理を厳重にすることができます。また、取引先が会社の場合、会社それぞれの規定に合わせる必要があります。会社によっては角印がないと受理できない、もしくは受理できるものの先方に対し失礼に当たる場合があるのです。

 

領収書や請求書に使用する印鑑は角印になります。代表者印や銀行印などの丸印も同じ社印ですが、通常の事務処理などに使用し続けると磨耗し寿命を縮めてしまいます。必ず場面に応じて使い分けましょう。また角印は一般的には印章でなくともゴム印やシャチハタ製品で代用できます。

 

形やデザインは、名前の通り四角い印鑑が使われるのが一般的です。会社実印や銀行印と見間違えることがないように、使い分けされているのです。長く大切に使い、対外的に目につく会社の印鑑ですから、品質にこだわった角印を作成しましょう。大量生産された安価な素材や、摩擦や経年劣化に弱い素材は避けた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>