会社の角印は、会社設立にあたってぜひ用意したい印鑑の一つともいわれています。個人でも使う実印や銀行印と違って聞き慣れない種類の印鑑ですが、角印とは、一体どのような意味を持つ印鑑なのでしょうか?

角印とは、会社印や社印とも呼ばれることがあり、会社をあらわす印鑑のことを指します。

認印として併用をしている会社も多くあります。もちろん、角印と認印を使い分けしている会社もありますよ。

認印と聞くと、実印に比べ「安価である程度使いやすいものならば大丈夫」と思ってしまいがちですが、角印の場合は、会社実印や会社銀行印と同じように、会社の信頼性を表現できるような質の良い印鑑を用意するところも多くあります。安く済ませたい場合はゴム製のようなものでも一向にかまいません。

一般事務での使い道が多く認印として使わる事が多いですが、官公庁の提出書類でも印鑑証明が不要の提出書類のようなものにも捺印をします。会社の実印や銀行印と同じように会社を代表する印鑑というのを覚えておきましょう。

好きな印鑑の素材から自由に選ぶことができますが、やはり会社の印鑑となることを忘れてはいけません。大量生産された安価な素材や、摩擦や経年劣化に弱い素材は避けた方が良いでしょう。