会社で使う印鑑である角印の意味は?

法人が使用する印鑑で使用頻度が高いものには、主に「実印」「銀行印」「角印」さらには便利な分割ゴム印があれば十分会社設立後に機能を果たしていくでしょう。

角印は中でも頻繁に使う印鑑ですが、その詳しい意味を知っていますか?会社を経営していくにあたって、印鑑の扱い方は非常に大切です。会社の命運を左右する場合もありますのでしっかりとその意味を覚えておきたいですね。角印とは会社実印よりやや大きめの会社名だけを彫った四角い印鑑です。代表者印と合わせて使われ、注文書などの社外文書の他、稟議書などの、社内文書に押印するものです。領収書や請求書、実印の押印の必要がない契約書等への押印に使用されます。実印や銀行印よりももっと気軽に押せる印鑑です。認印に近い印鑑と考えればいいでしょう。

 

角印は認印に近いから重要ではないということではありません。もちろん大切なものですが、使用頻度が高いものの、主に確認のために使用されることが多いのです。また、実印や銀行印に比べると作製費用が安い特徴もあります。

 

民法上では実印と同じ効力を持つので、保管には十分気をつけたいですね。防犯上、通帳や 小切手・手形などとは別々に保管する方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>