角印は必要?ゴムの印鑑でも良いの?

角印は会社設立時には準備しておくべき印鑑です。
角印は会社名が彫られた印鑑です。主に請求書や見積書に捺印する用途として使われます。スタンプ台で捺印するタイプのものになります。いちいちスタンプ台を使用することが面倒だと感じる場合には、インクが内蔵されたタイプもあります。法人はもちろんのこと、個人事業主でも屋号をつけている場合は作っておいたほうがいいでしょう。

社印が捺印された印鑑である角印は、企業相手に仕事をしていると、請求書欄に角印での捺印を要求されることが多々あります。角印を作る費用をできるだけ安くしたいのであれば、印鑑の材質をゴムにすればいでしょう。ゴムの印鑑でも十分機能は果たせます。

 

領収書や請求書、見積書などに会社が発行した文書であることを示すために使用する印鑑ですから、使用する機会が多いでしょう。実印のような高級な材質を使う必要はありません。頻繁に使うものですから使いやすさを一番に考えたほうが便利でいいですね。

 

実印の場合は届け出をしますし、大きさに規定があります。角印自体を役所へ届け出る必要はありませんので、用途に合わせて大きさも自由に変えられますよ。非常に使用頻度の高い印鑑ですので、一つは持っておきたい印鑑ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>